企業法務とは

生活上考えなければならないことはたくさんありますが、生活の基盤となっている「法律」を意識して生活することを、私達は求められています。
それにより、市民の最低限の生活が守られているとも言うことができます。
専門科でも無い限り法律を深く知るという機会は殆ど無いかもしれませんがそれでも誰しもが法律に関して基本的なことだけは抑えています。
それを応用させるという面では、私達一般市民は素人、と言っても過言ではありません。
自分や自分が属している会社などが行おうとしていることが法律に抵触することなのかどうか、という点については、法律の専門家の意見を聞くことは大切です。
そのために、『弁護士』という、法律に関して何でも相談できる身近な存在がいます。
弁護士はただ単に法律を知っているというだけでなく、法律を様々な分野に応用することができます。
この事例の場合、この法律のこの部分が当てはまる、というように、多様なケースに対応する能力が求められます。

私達は、もし自分が何らかのトラブルに巻き込まれ、法的な手段が必要になった場合、すぐに弁護士に相談することができます。
そのために弁護士がいるからです。
会社という大きい単位においては、トラブルが発生したときに初めて弁護士に依頼する、ということでは遅い場合があります。
会社にとって損失となる前に、あらかじめ対処しておくには、『企業法務(部)』や『顧問弁護士』の働きが欠かせません。
では、まず法務部の働きについて考えてみましょう。



■PICK UP
弁護士と顧問契約を結んでいれば法的なトラブルが発生したときに役立ちます →→ 弁護士 顧問契約

Copyright © 2014 企業法務の仕事内容を紹介 All Rights Reserved.